ようこそ! 👋

navigation

One Observability デモ ワークショップへようこそ。このワークショップは、AWS が提供するさまざまなツールセットで、アプリケーションの監視と監視をセットアップするための実践的な体験を提供することを目的としています。

ワークロードがオンプレミスでも AWS でも、アプリケーションが巨大なモノリスでも、最新のマイクロサービスベースのアーキテクチャでも、AWSのオブザーバビリティツールは、アプリケーションのパフォーマンスと正常性に関するより深い洞察を得るのに役立ちます。

AWSのコスト効率に優れたネイティブソリューションは、さまざまなログ、メトリック、トレースデータを手動で選り抜くことなく、ボトルネック、問題、欠陥を特定できる強力な機能を提供します。

このワークショップで遊んで、ご意見をお寄せください。

このワークショップに期待できるもの


  • 何を学べますか?

    • Amazon CloudWatch, AWS X-Ray, Amazon Managed Service for Prometheus (AMP), Amazon Managed Service for Grafana (AMG), AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) での AWS のオブザーバビリティ(可観測性)について学習します。このワークショップでは、複雑なマイクロサービスアプリケーションを利用し、監視の学習をします。このワークショップで重要なことは、学習者がロギング、メトリクス、コンテナ監視、トレース手法を明確に理解できることです。
  • このワークショップを完了するのにどれくらいの時間がかかりますか?

    • すべてのモジュールを完了するには、通常約3〜4時間かかりますが、ほとんどのモジュールは独立しているので、学びたい領域を選択することができます。
  • 必要な学習レベルはどれくらいですか?

    • レベル 200 以上です。スペシャリストである必要はありませんが、ログ、メトリクス、トレース、アラーム、ダッシュボードなどの監視概念に関する基本的な知識があるとよりスムーズに進みます。
  • 費用はどれくらいかかりますか?

    • このワークショップを実施すると、AWSリソース利用に応じたAWS利用料が発生します。不要な料金がかからないようにするために、ワークショップ終了後には ワークショップ環境の削除 を確認してください。

Talk to us Report an issue or feature request

Built with by AWS observability team